fc2ブログ
Atelier Note ホーム » 50冊計画 »5冊目「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」

5冊目「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」  

※50冊計画とは"一年間で50冊の本を読む"という25年度のECHOの目標である。

20130216.jpg


年間50冊計画5冊目。

宝島社文庫

「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」

読みました。面白かったです。

表紙がラノベっぽいですが、一応一般文庫になります。

ミステリー小説で「事件簿」とタイトルが付いてますが、

殺人事件等の大きな事件ではなく、日常のちょっとした謎を

喫茶店のバリスタがサクッとコリコリっと挽く(解く)お話。

後半ちょっと事件らしい事件になりますが。

豆を挽きながら推理して「大変良く挽けました」と言うのが決め台詞。

個人的にはバリスタの「全然違うと思います」というセリフが好き。

常連客の主人公の拙い推理を一蹴するセリフ。

ミステリーは普段あまり読みませんが、仕事中ずっと続きを予想したり推理したりで大変でした。

結構さらっと読める文体で読書家じゃない人にもオススメです。

是非珈琲を飲みながら。

category: 50冊計画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://echo250.blog.fc2.com/tb.php/59-43a66eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

Twitter

最新コメント

参加中

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

▲ Pagetop